忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

者ともなってい

あげようといった。ムニョス博士自身は、常に部屋の温度を低く保っておくことを含む、きわめて厳格な養生《ようじょう》を必要とする厄介な病気にかかっていた。室温が著しくあがり、それが長くつづくと、致命的なことになるらしく、そのためNeo skin lab 呃錢部屋の温度は、アンモニア冷却器によって、常に華氏五五ないし五六度[#摂氏12.77〜13.33℃]に保たれていた。わたしが自室でよく耳にするのは、ガソリン・エンジンで作動する冷房装置のポンプの音だった。
 驚くほどの短時間で発作のおさまったわたしは、底冷えのする部屋を離れるとき、この才能豊かな世捨て人の弟子とも帰依《きえ》た。その後、わたしは外套を着て頻繁《ひんぱん》に訪れ、神秘的な研究や、背筋が凍りそうなその結果についての話に耳を傾けたり、書棚にならぶ歳月を閲《けみ》した古書や稀覯《きこう》書を手にとっては、ぞくっと身を震わせたりした。つけ加えるなら、博士の巧みな手当のおかげで、長患《ながわずら》いの心臓病もほぼ完治した。博士は中世の魔術をも蔑視していないらしく、魔術における神秘的な処方には、他ではめったに得られない精神的な刺激物が含まれていて、それが神経組織そのものに、脈搏がなくなった後も著しい効果をおよぼすと信じていた。博士の現在の変調がはじまったのは十八年まえ、大病を患ったときだが、その博士を看病し、また初期の実験をともにおこなった、ヴァレンシアの老トレス博士の話には、わたしも感動させられた。この高徳のPretty renew呃人老開業医は同僚を救うとすぐに、それまで果敢に闘いをいどみつづけていた忌わしい敵に屈服してしまったという。おそらく心身の過労があまりにも大きすぎたのだろう。ムニョス博士も詳しくは話してくれなかったが、それとなくほのめかしたところによると、この治療法というのは、かなり年輩の保守的な医者なら強く抵抗する道具立てや処置を必要とする、異常きわまりないものであるらしい。
 何週間かがすぎていき、わたしは遺憾《いかん》ながら、エレーロ夫人のほのめかしていたように、新しい友人がゆっくりとではあるが、紛れもなく肉体に衰えをきたしていることを認めざるをえなくなった。青黒い顔色がますますひどくなり、声は以前にもましてうつろで不明瞭になり、筋肉の動きはぎくしゃくして、精神も意志も快活さや積極さを失ってきた。ムニョス博士自身はこの悲しむべき変化にも気づいていないらしかったが、すこしずつ表情と会話に薄気味悪い皮肉がこもりはじめ、それがはじめてあったときに感じた、あのいうにいわれぬ嫌悪感を甦らせていた。
 博士は驚くほど気まぐれになり、異国の香辛料やエジプトの香《こう》を手に入れはじめたので、部屋が王者の谷間にあるファラオの地下埋葬所Neo skin lab 退款を思わせるような臭につつまれるまでになった。同時に冷房の要求を増し、わたしの助けをかりて、アンモニアの配管を拡大したり、冷房装置の能力やポンプを改良したりして、室温を華氏四〇度から三四度[#摂氏4.44〜1.11℃]、ついには二八度[#摂氏マイナス2.22℃]にまでさげてしまった。もちろん水が凍った
PR

に探る片手

に登らずにはおくものかと覚悟を決めるにいたったのであった。
 余はじっとりした薄闇のなか、年|旧《ふ》り磨耗した階段を、とぎれる箇所まで登りつめると、それ以後は、上方に通じるささやかな足がかりにあやうくすがりつきながら進んだ。階《きざはし》の一つとてなき岩の円筒は、総毛だつほど恐ろしきものであった。黒ぐろとして、見事に荒れはて、わびしさきわまり、闖入《ちんにゅう》におびえた蝙蝠の音なしの翼にて舞うさまは、その不吉さいいようもない。しかしながら、登攀《とうはん》の遅々として進まぬことが、さらに血も凍るばかりに恐ろしかった。いかに登れど、闇はいっかな薄らぐことなく、幽鬼の巣食う古びた土地に感じるがごとき、新たな悪寒を余はひしひしと身におぼえていた。何がゆえに明るみにとどかぬと怪しみながら、身を震わしていたが、まこと勇気さえあれば、下に目をむけたことであろう。忽然として夜が訪れたのではないかと思いつつ、外がのぞめる窓を求め、もしあれば、おのれの達した高さをうかがわんとて、あいている片手で探りをいれたが、いかさま徒《あだ》な努力ではあった。
 何も目に見えぬまま、なか窪みで切り立つ絶壁を、恐れおののきながら果しなく這いあがりつづけた後、余は突如としてculturelle 香港頭が固いものにふれるのを感じとり、屋根あるいは少なくとも階らしきものに達したことを知った。あいている片手を闇のなかにあげ、行手をはばむものを探ってみれば、びくとも動かぬ石ではないか。こうして余は、ありとある支えにすがりつきながら、ぬるぬるした壁の周囲を命がけでめぐりはじめた。ついが押せば動く箇所のあることを告げるや、余はふたたび登りはじめ、空恐ろしい登攀で両の手がふさがれているゆえ、平板とも扉ともつかぬものを頭で押し開けた。一条の光もさしいってはいなかったが、手をさらに上へあげたとき、余の登攀がさしあたり完了したことがわかった。何となれば、その平板こそ、塔の下部より周囲の広い平らな石床、どうやら広びろとした望台のようなものの床に通じる、その開口部の落とし戸に相違なかったからである。余は苦労して落とし戸の口に這いずりこむと、どっしりした戸が元にもどらぬようあれこれためしてみたが、しょせんかいなき試みではあった。疲労困慰の体《てい》で石の床に横たわった余は、平板が閉じて生じる不気味な残響を耳にしながら、要あるときに開けられればよいがと願っていた。
 いまや呪わしい森の枝という枝を遙かにこえる、途方もない高みにいるのだ、余はそう信じこみながら、床からようやく身をおこすと、空、そして書物で読んだ月と星がはじめて目にできるやもしれぬ、窓を求めて手探りしたが、reenex 效果手をのばすたびに、希望は微塵にくだかれた。見いだしたものは、心かき乱される大きさの、小癩《こしゃく》な長方形の箱を載せた、巨大な大理石の棚また棚ばかり。余は熟考に熟考を重ね、眼下の城から永劫の歳月たちきられているこの高みの房室には、いかな古昔《こせき》の深秘《じんぴ》が潜んでいるのかといぶかった。と、そのとき、余の両手は思いがけず戸口に行きあたった。戸口には、妙な彫刻がほどこされ、表面なめらかならぬ石の杭門が配されている。扉には錠がおりていたが、余は渾身の力をふりしぼり、なべての障害を圧して、扉を内側へとひき開いた。扉が開くや、絶えて知らざる至純の歓喜が余に訪れた。凝った飾りのある鉄格子をとおして、戸口から昇りはじめる短い石の階段に穏やかにさしいっているのが、夢、そして記憶とも呼べぬおぼめく幻影のなかでのみあおぎ見た、耿々《こうこう》と照り輝く満月の光だったからには。
 余は城の最上点をきわめたのだと思い、戸口を抜けて階段を駆け登りはじめたが、数段登ったところでにわかに月が雲に隠されたことで實德金融、足がつまずき、あとは闇のなかを手探り足探りでそろそろ進みつづけた。鉄格子にようやくたどりついたときも、まだ真闇《まやみ》

守住心靈的寧靜


轉眼到鄉下教書已三年有餘,三年說長不長,說短不短。時間在平靜中悄然流逝,生活平靜得像一面鏡子,沒有一絲漣漪。仿佛生活被複制了一樣。起初的一段時間很不適應,有種度日如年的感覺。慢慢的隨著心境的改變,也就慢慢地接受了現實,變得隨遇而安了。

這三年,自己遠離喧囂的都市,避免繁瑣的應酬,有時間便會胡思亂想:回顧過去,思考現在,展望未來。前兩年,這種想法異常的強烈,可越是這樣想,內心就越發的沉重、頹廢、沮喪。整個人都在悲觀中彷徨。仿佛走進了人生的死胡同,前途一片迷茫。前兩年與同學聚會時,同學們驚訝的問:“你怎麼跑到鄉下去了?真不知道你是怎麼想的。”面對同學的疑問,我只能裝著若無其事的傷風感冒樣子,開玩笑地說:“這叫反璞歸真。”可內心的窘迫和尷尬卻是無法言語。

去年偶然在網上看了幾篇關於人生修行的文章,當時心裏就為之一動,內心的死結頓時松動了。便又有了從新審視自己的勇氣。後來的一段時間,我又閱讀了不少這方面的書籍,在書的熏陶下,我的思想也受到潛移默化的影響,心境發生了改變,心中的死結也迎刃而解,對自己的人生觀也有了全新的定位。在書的陶冶下,我竟然從中悟出了些人生的道理:每一個岔路口地選擇其實沒有真正的好與壞,只要把人生看成是自己獨一無二地創作,就無須頻頻回首。

想想之前,因為思慮過多,所以常常把自己的人生複雜化了。明明是活在現在,卻總是念念不忘過去,又憂心忡忡未來;總是攜帶著過去和未來與現在同行,自己的人生當然只有一片拖泥帶水,又何來輕松可言呢?要想改變這種舉步維艱的狀況,就必須卸下心頭的包袱,驅除內心的碎紙機浮躁與焦慮,使自己的心靈寧靜下來,單純的活在當下。因為當下是無所謂是非真假。既然沒有是非,就不必思慮;沒有真假,就無須念念不忘和憂心忡忡。

找到了自己走進迷途的根源,我時常告誡自己跌入人生低穀的時候,除了堅強,更重要的是內心的平靜。平靜的看待自己的生活,平靜的把自己該處理的事處理好,盡量把自己的生活簡單化,把貯藏在心靈深處的是是非非掏空,使自己的心靈變得空若無物。正所謂人生如茶,空杯以對,就有喝不完的好茶,就有裝不完的歡喜和感動。守住心靈的寧靜,情緒才能穩定,心境才能升華。

漸漸的,自己焦思苦慮的心變得心如止水。盡管如此,自己還時常鞭策自己,只要固守自己這方寸之地,拋開所有是非恩怨,看淡一切名利紛爭。盡量做到心無旁騖,少些虛無縹緲的otterbox samsung 配件推薦想法和欲望。心境自然會如一潭靜水。正如魯迅先生說的“躲進小樓成一統,管他春夏與秋冬。”不就是這個道理嗎?

最近這段時間感覺越發的寧靜了,這種平靜是內心的感知,更確切的說是心靈的向往。今年與同學聚會時,同學也曾提過同樣的問題,我聽了只是莞爾一笑,不置可否。還有同學說:“鄉下生活多枯燥,有何樂趣可言。”而我卻委婉的說:“子非魚,安知魚之樂。”如果在前兩年說這樣的話,那是言不由衷,但是現在,我是言為心聲。

最後,用一首詩結束這次的話題:清音俗世流,紛爭何時休。誰能破名利,太虛任遨遊。

私が好きな女


私は花の女性を愛して。花は私たちの日常が無造作に得た最も美しい景色、高価なバラからの卑しい野菊。花もない大きさの出所、分さえすれば、生き生きと咲いていて、人の美しい心怡は。は花が好きな女性は、彼女の心はすでに化を草木も生えない黒ゴビ。

私が好きで好きで他人の目を直視女性。彼女は目が俯く殘光嫋々、怒を振るう筆力雄勁である形容。多くの時間を、彼女は穏やかで静かに甚だしきに至っては悠然と見つBlackBerry 保護殼めてすべて目の前に包まれ、風雲の星空。人を見る目躲躲闪闪イナゴのような鼓動のような女性は、私はいつも彼女を疑いがあまりにも多くの侵害を受け。これは彼女のせいかもしれないが、彼女はすでにエンロンの能力を落とした人に。

私は好きまで時に恋にまで時には出産の女。あたかも1株を結ぶ粒苗に節気の麦。私を理解することができるすべての晚恋晩産や独身、私はいつも頑固と逆時に動くのなら、貯蔵ノ大きな勇気こそ、出発。もしは平凡な女子、やはり大切天に与えられた天然のリズム、のそのそ前。

私の好きな料理を作って、女の人は古くから伝わる手芸博物館描述猿人生活の絵、絵ながら縛っている獣皮女を垂れている乳房、たき火、食べ物を用意。可視料理のimplant女の人について、先にファッションや他のすべての業界。スープはきっとおいしいのに、暑い。餅はきっとぐったりするのに、丸い。愛は愛から自分も他人の立場として、「食」は一大事。愛しない料理の女、陰干しのレーズン、より甘く、失いました玉を転がすようの本相。

私は読書が好きな女が好き。本は頬紅が、女性の心を颜常駐。本は棍棒を、女はすさまじい。本は羽毛が女を飛ぶ。本は万能ではないが、女性の千変万化。本を読まない女は、どんなにも非常に聡明な彼女は、世の才気が、本の中で収蔵している百代エキス。

深く、感謝の心が好きし一人で遠出の女。親は知っている謝、盲従。知っている謝天地は恐れない。知らない謝は、自分がナルシスト。知っている友達は謝、頼らない。知っている謝一粒ごとに種を風にも、早起きして種をまくと御風行。

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R