忍者ブログ

生活も、他人の生活に


この世界で生きていくには、一定の予見能力と広い怨み能力に私たち幸せを勝ち取ることの目的:前者の助けにダメージを受けると損失を避け、後者を免除した人事紛争や騒ぐ。

もしも誰で生活している人の中では、彼は絶対諦めべきではない限り誰——この人は大自然の手配といった作品で、たとえこの人は一番卑劣で、最もおかしい人。私たちはこんな人を視既成事実と変わらない:この人に1本の永遠の、形而上の規則、彼のこの様子を表現するしかない。もし私たちにいくつかの最悪の人、その記憶の言葉は「林の中でいつもいくつかの怪鳥が欠かせない。」

もし私達はこのようにして、あれは私達は不公正、われわれにも等しいに発行された生死決闘の挑戦。原因は一人を変えることができない自分の真実な個性、これは道徳気質、認識能力、顔癖など。もし私たちが完全に非難して一人の本質は、さて、この人は我々を彼の敵がないと、他の選択、私たちだけでなければならない、この人に生まれ変わると永遠不変な彼は違う人の前提の下で、やっとこの人の生存の権利を認め。

その原因は、人ごみの中で生きなければならない人を許し、既定の自身の性格が存在し、その個性は何も。私たちの関心はどのように一人で本性の内容や特質の許容方式の本性の作用を発揮して、変えたいはずもないが、できないいっそ人の本性を非難する、これは「生活も、他人の生活に」という格言の意味。このやり方は理性にかなっているが、具体的な実施は容易ではない。もしも誰が徹底的に解決するのを避けてそれにたくさんの人としたら、彼は幸せな。

他人を容認するマスター、まず私たちの耐性を利用死物。物件が機械と物理の必然性を妨げている私たちは頑固な。毎日私たちが练習するチャンス。その後、私たちをこの練習中の獲得耐性のアプリケーションでは人の身になった。私たちは自分の習慣という見方:他人の気持ちをうまく行かないん、邪魔の行動が、彼らにこんなことを完全に理由は1種の厳しいから本性の必然性とそれによる物体活動の必然性のように等しい。だから、他人に対しての行が多い怒りと一枚の横に、私たちの進む道の石はかんかんと同等の愚か。多くの人が、最も聡明な考え方は:私は準備しないと自分を変え、私は彼らを利用して。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新コメント

最新記事

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R