忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ながら慎重にド


「でもわれわれは先を急いでるんじゃありませんか」シルクは無邪気な表情をよそおって言った。「バラクのやつはこと金に関することになるとしつこいんですよ」
「ちょっと失礼」と言いながらベルガラスはガリオンを振り返った。「さあ、そっちはもう終わったのか」
「これでいいかい」ガリオンは老人に手紙を渡しながらたずねた。
 老人はちらりと一瞥をくれ、「これで十分だ」と言った。「さあ手紙に署名をするんだ。あとは明日の朝誰かが見つけだすような場所に置いておけばいい」
「もっと遅い方がいいですよ」シルクが言った。「ポルガラに知れる前に十分遠くへ行っておきたいですからな」
 ガリオンは署名をしてから手紙をたたみ、おもてに〈レディ?ポルガラへ〉としたためた。
「これは玉座の上に置いておけばよい」とベルガラス。「さあ、早く着替えてガリオンの剣を取りにいこう」
「しかしあれは少々かさばりやしませんかね」ガリオンとベルガラスが着替え終わるのを待ってシルクが言った。
「控えの間にあの剣専用のさやが置いてあるはずだ」ベルガラスはそう言いアを開けて、静まりかえった廊下をのぞきこんだ。「背中に斜めにさすしかあるまい」
「あの〈珠〉の光は少しばかり仰々しすぎやしませんか」シルクが言った。
「何かで覆えばいいだろう」ベルガラスは答えた。「さあ、行くぞ」
 三人はこっそりとうす暗い廊下に出ると、静まりかえった夜のしじまの中を忍び足で謁見の間に向かった。一度だけ台所に向かう眠たげな下働きの姿が三人を仰天させたが、空の部屋が格好な隠れ場所を提供してくれた。下働きが行きすぎるのを待って三人は再び廊下に出た。
「鍵がかかっているのかな」〈リヴァ王の広間〉のドアの前でシルクがひそひそ声でたずねた。
 大きな取っ手を掴んでまわしたガリオンは、夜のしじまに響きわたるかちりという音に一瞬たじろいだ。ドアを前に押すと大きな音をたててきしんだ。
「こいつは誰かにいって直させるべきだな」シルクがささやいた。
 三人が広間に入ると同時に〈アルダーの珠〉はかすかに輝きはじめた。
「きみだということがわかるらしいな」とシルク。
 ガリオンが剣をおろすと同時に、〈珠〉は深みのある青い光を〈リヴァ王の広間〉いっぱいにはなった。ガリオンは誰か外を通りかかった者が、漏れでる光を怪しんでのぞきに来はしないかと気が気でなかった。「光るのをやめろ」ガリオンは思わず石に向かって命令した。〈珠〉は驚いたようにひときわ輝くと、すぐにかすかな瞬きに光を落とした。同時に〈珠〉の勝ちほこるような歌もつぶやきに変わった。
 ベルガラスはけげんそうな表情を浮かべて孫息子を見つめたが
PR

まだお髭がな

「でっかい赤毛の獣のような男の子だよ」アンヘグは笑いながら言った。「おまけに空腹になると、一マイル四方に聞こえそうな声で泣きわめくのさ」
 バラクはしまりのない顔でにやにや笑うばかりだった。
 階段を登りきり、大広間の前の狭い控え室にさしかかったところで、おそろいの緑色のマントを着てばら色のほおをした少女が二人、そわそわと一行の到着を待っていた。赤みがかった金髪をみつ編みにした少女たちはエランドよりもわずかに年上のようだった。「おとうさま!」小さい方の少女が金切り声をあげてバラクに駆けよってきた。大男は少女を抱き上げると音をたててキスをした。一、二歳年上らしいもう一人の少女はいくらか威厳のようなものを漂わせて近づいていったが、あっと言う間に父親の腕にさし上げられたrestylane 透明質酸
「おれの娘たちだ」バラクは残りの者たちにむかって言った。「こちらがグンドレッド」かれは赤いあご髭に姉妹を押しつけるようにして言った。少女は父親のちくちくする髭の感触にくすくす笑った。「こっちのおちびさんはテルジーだ」かれは妹娘に愛情のこもったまなざしを送った。
「あたしたちにちっちゃな弟が生まれたのよ、おとうさま」年上の娘はしかつめらしい顔で言った。
「ほほう、そいつはすばらしい」バラクはせいいっぱい驚いたふりをしてみせた。
「おとうさまったらもう知ってたのね!」グンドレッドが非難するような声を出した。「あたしたちが一番はじめに教えるはずだったのに」
「弟の名前はウンラクというのよ。おとうさまとおんなじ真っ赤な髪の毛をしているわ」テルジーが言った。「でもいのMIOGGI 好唔好
「今に生えるから大丈夫だよ」バラクは娘を安心させるように言った。
「ものすごくおっきな声で泣くの」グンドレッドが報告した。「それに歯が一本もないの」
 そのときリヴァの〈要塞〉の巨大な扉が勢いよく開き、赤いマントをまとったイスレナ王妃が、愛らしい金髪のアレンド人の娘とバラクの妻メレルを引きつれて姿をあらわした。メレルは全身緑色の衣服をまとい、腕に毛布でくるまれた包みを抱いていた。彼女の顔は誇らしさにあふれていた。
「わが夫にしてトレルハイム伯爵たるバラク卿よ」彼女は固苦しく儀式ばった口調で言った。
「わたくしは無事お役目を果たしました」メレルは毛布でくるまれたものをさし出した。「どうかトレルハイムの後継ぎたるあなたさまの息子をごらん下さいませ」
 バラクは何ともいえない不思議な表情を浮かべて、娘を床におろした。かれは妻のもとに近づくと、毛布にくるまれた包みを受け取った。大男は無骨な指をぶるぶる震わせながら、初めての息子の顔を見るために毛布をそっとめくった。ガリオンの方からは赤ん坊の髪しか見えなかったが、それが父親とそっくり同じ赤色だということだけはわかった。
「ウンラク、トレルハイムの後継ぎにしてわが息子よ」バラクはがらがら声で赤ん坊に話しかけた。そしてかがみこむと手の中の小さな息子にキスをした。髭のちくちくする感触に赤ん坊はくっくっと笑い声をたてた。かれは小さな二本の手をのばして父親の髭をつかむと、子犬のように頭をすり寄せた。
「こいつはなかなかの腕力の持ち主だぞ」赤ん坊に髭をひっぱられて顔をしかめながら、バラクはかたわらの妻に話しかけた。
 メレルの瞳に驚いたような色が浮かんだが、あいかわらず顔は無表情のままだった母乳 研究

向往成功的桂冠


1

失敗只是成功的墊腳石,失敗越多,離成功也就越近Pretty renew 雅蘭。十九次的失敗,到了二十次時,妳獲得了成功,這叫做堅持。不過,當妳失敗九百九十九次時,石塊越壘越高,妳這樣鼓勵自己:再壘壹層,我就能碰到天了。但事與願違,妳即使再努力,還是碰不到天。而別的人卻在開著飛機嘲諷妳時,妳卻還在壘石塊,這並不是堅持,只不過妳並沒有考慮另外壹種方法去接近成功。

成功的路上,捷徑有嗎?有的,捷徑的名字叫找方法。當妳不能從壹樓蹦到三樓時,別忘了,還有樓梯,當妳不能用手抓住泥鰍時,別忘了還有網。努力不等於蠻幹,失敗不壹定會獲得經驗,付出不壹定能收獲。永遠都不要忘了,當妳的門被上帝關上時,別忘了那兒壹定還有壹扇敞開的窗。

失敗是什麽?只是在成功的路上更近壹步,但若不註意腳下,只會反復跌倒。記住,流水只有在碰到抵觸的地方,才把它的活力解放。向往成功的桂冠,請先找到那個最短的路,想要捕魚,請先將漁網打開。

2

生活中即使桂冠只在咫尺之遙,但也有人放棄了,因為桂冠旁依舊有荊棘。但我謹記,順風適合行走,逆風適合飛翔陽光女傭,雖然不前進,不會失敗,不過也不會見到成功。

再長的路,壹步步也能走完,再短的路,不邁開雙腳也無法到達。壹時的挫折往往可以通過不屈的搏擊,變成學問及見識。即使現在不能壓倒壹切又如何,只要不被壹切壓倒,就壹定有機會壓倒壹切。世界總會讓夢想的追求者遍體鱗傷,當追求者站在世界巔峰時,他卻讓傷口長出翅膀,讓人明白欲戴王冠,必承其重。

向著桂冠前行,就算被人嘲笑又如何,縱然跌入深谷又有何懼,我只知道對的,堅持!錯的,放棄!跌倒了不算不光彩,跌倒後爬起來,那才是我的榮耀。不要讓追求之舟停泊在幻想的港灣,而應揚起奮鬥的風帆,駛向現實生活的大海膠原自生

相遇半夏·蓮子做引·當歸


夏日炎炎,又是荷花嬌艷蓮子青青時,藥櫃子裏的百合,蓮子進入百姓人家,熬制成粥,晶瑩剔透雪白,入口軟香。可潤肺和胃,清熱解毒,可又想,有些毒如何得解?

時常看著那些藥材,就這樣獨自出神,想著壹株株或青綠或雪白,或木葉蝶般的飄逸,都是特別有靈性,可能,每壹株前世許是都是壹個多愁傷感的願景村 洗腦女子?或壹個宋玉文深俊美郁郁的男子?

思緒很會天馬行空的去了很遠,自覺人世間和靈性的藥草,無論疾病還是情感都有密不可分的原由。

那些安靜無可言的淺淡的時光,相遇半夏,(半夏生槐裏川谷,五月、八月采根,曝幹。治愈不能出聲,也就是不語。以為相知了壹個可以說話的人)蓮子做引(清熱解毒自然可去郁郁),甘草調和,以為都好。是啊,如何不好,平和了藥性。然多了幾錢少了幾分?藥理混亂,只得素箋心懷,壹笑置之。

那日午後,看到壹寫中藥的文章,入心,入肺腑。不禁寫了這樣壹句話;可有草藥治療郁郁寡歡,春來惆悵?花落的淒涼?剪不斷的千絲萬縷和思念的洪荒?淡然、相忘、和陽光調制,壹口飲盡,想必壹定有效!

其實,人人都知其藥方,只是無人飲得下這杯藥理烈性的忘情酒,酒裏盡是蒼涼味。

喧囂的煙塵,從沒想過在素錦年華去了藥店,會靜靜的盯著那些木櫃子望,微笑深情,因為是枯草枯花治愈了我最至愛至親人的多病體質。使我現在還有父母可以撒嬌,可以賴皮,可以有時間承歡膝下,皆是因為這小小木櫃子裏,天地之靈性的願景村 洗腦植物花草。

然今日,再看那整排疊加的壹個個木頭櫃子裏各色草約,山野花草藥香味。嬌貴的牡丹根皮,涼薄的將離,殷切相盼的當歸。。。。。竟然別樣情緒。

或許是太閑暇安逸?這些木格子裏的草藥,怎會讓我忽然想起宋代揚州人陳亞的詩句:

‘相思意已深,白紙書難足。字字苦參商,故要檳郎讀。分明記得約當歸,遠至櫻桃熟。何事菊花時?猶未回鄉曲。”

詩詞中應用了:相思子、意苡仁、白芝、苦參、檳榔、當歸、遠誌、菊花、茴香這幾味中藥名,壹曲纏綿意,壹曲相思曲,白紙描摹,苦參半,只記約當歸,何時菊花回鄉時?濱河相渡永無期!

天然的靈草野花,別離山峰懸崖,峽谷幽溪水,曾經露珠的澆灌。而今憔悴風幹,寂靜藥櫃中,不予理會人間悲歡離合,只是素淡,靜然,濟世救人,無它!

無論詩詞纏綿憂思多少,而草藥只是淡而孤高無言語。任瓦罐於火上燎烤,瓦罐裏煎熬。縱然治療不了世間人無盡的欲望,癡傻相思苦,但甘草性溫,如淡定從容的夫人,沒有了浮躁和不安,壹切方好。

有些有趣的藥名,於煙塵中的願景村 洗腦美好無不相連亦意味聲長:百合,主治鎮咳祛痰,卻是【百年好合】;桔梗藥草的花是永痕不變的愛;金銀花,降了心火,方有金銀?

當歸,當歸活絡了,是不是美麗了,綰起青絲,窈窕女子的夫君該是當歸?

壹切,如百合般的清麗幽香。若還覺得世間悲苦,苦不堪言,可借三錢黃連,入口,輕抿,苦極了,必然是苦後的清靈。忘卻煙水亭臺,那青衫飄飄的君子,丟棄背負的執著和欲望。

如野河岸飄動的素草,或壹片片將離,寂靜孤高,獨自搖曳壹縷月光下的清風,祥和靜美。淡看幾錢的半夏當歸。涇渭分明,塵歸塵,土歸土,不再塵心井沿浸濕蔓生涼薄的青苔。相遇半夏,蓮子做引,當歸,當歸去。

站於塵埃陌上,輕拈壹株藥草,高山靈芝,想必,都是有靈性來到人間的福音。

如果,每壹個女子前世曾經是壹株植物,那麽我願意做那壹株素草,深山高士晶瑩雪中那靈芝,峽江河岸,任風雪將纏綿的心碾碎,只於風中玉立,仙草的寂寞和孤高,且清靈,愛無言,冷香裊裊。

平平淡淡人生路,簡簡單單隨緣行


平平淡淡人生路,簡簡單單隨緣行,人生必須善於德,處事做人功於心,居要好鄰,交要好朋,平衡好壞,學好重要,變壞也十分簡單,心往壞裏防,人往好的看,思往壞裏思,事往好處想,話往壞裏聽,理往好去說,物往壞裏取,德往好處用,事往壞裏謀,幹往好裏幹,人往壞處想,理往好處講,友往壞裏察,人往好裏交,路往壞裏看,路往好裏走,命往壞裏測,人往好裏變,人生最大的修養是包容,它既不是懦弱也不是忍讓,而是察人之難,補人之短,揚人之長,諒人之過,而不會嫉人之才,鄙人之能,諷人之缺,責人之誤,包容是肯定自己也承認他人,是壹種善待生活,善待別人的境界,在包容的背後,蘊含的是愛心和堅強,是挺直的脊梁,是博大的胸懷,人生難的是理解,痛的是不解與誤解,生命中那麽多擦肩,相守的能有幾人,歲月裏那麽多並肩,相知的又有多少,生命匆匆,誰能讀懂誰的心靈,歲月漫漫,誰能解開誰的心音,人生的路好於不好,在於壹路隨行的關照。



人生無常,歲月無奈,日有升落,月有盈虧,心中坦然,所以自在,人生的大自在,是心無拘絆,身無藩籬,坦然是壹種瀟灑,壹種淡然,活得坦然的人,凡事但求無愧我心,盡心盡力就好,事,成與不成隨天意,人生如路,要有耐心,走著走著,說不定就會看到屬於妳的風景,境由心生,心生萬物,人生,總要有那麽壹些追求,心向陽光,才不會荒蕪,總要有那麽壹些淡定,從容面對得失來去,才不會患得患失,走過的皆是風景,殘留在記憶裏的才是溫暖,回頭看,因為挫折,我們學會了堅強,因為離別,我們懂得了珍惜,活著,知足難得,難得知足,生活著,攀比不宜,不宜攀比,人比人氣死人,貨比貨都該扔,他人如何與妳無關,自己好賴只要情願,心幸福,日子才輕松,人自在,壹生才值,壹種心疼,壹份包容,壹份篤定不移的執著,將就什麽都別將就愛,錯過什麽都別錯過真愛,人生無常,生活簡單,找壹個真正愛的人,才會有真正的幸福。

歲月靜好,全在己心,寂若安年,全憑己意,時間是最好的老師,教會了我們如何面對,如何選擇,又如何放下,時間也教會我們,沈湎於過去,已於事無補,已回不到當初,更不可能改寫,所以,瀟灑地與過去揮手,才會走進明天的幸福,花開壹季總會雕謝,人活壹世總會遺忘,心放空,是對自己最好的答案,心放寬,得出世之真味,茶與水的滋味,是沁入心脾的芬芬,觀雲卷雲舒的悠然,是走過流年的感悟,塵風搖曳,飄散了多少愛恨情仇,潮漲潮落,離去了多少是非恩怨,若人走茶涼,就守心自暖,若曲終人散,就安享經年,活著,以最真的情懷,站成最美的守候,以最淡的心,守壹生最愜意的情,人生苦辣同席,歲月酸甜同盞,活著禍福相依,坦然面對世事,才能安穩走過,淡然接受所有,不會患得患失,有理時不要不饒人,有能時不要嘲笑人,太精明的人遭人厭,太挑剔的人遭人嫌,太驕傲的人遭人棄,安靜地做自己,好好活著就行。

人在世間走,本是壹場空,何必事事計較,處事步步不讓,說話多了傷人,計較多了傷神,與其傷人又傷神,不如不煩神,壹輩子就圖個無愧於心,自在悠得,不要等到口幹了才想起喝水,不要等到人心遠了才想起要維護,壹生中的遇見有很多,駐足停留的卻只有那麽幾個,人心,不是壹朝壹夕就會熱,感情,不會三言兩語就會有,情如花朵,需要呵護,愛如清茶,會煮才香,傷妳的壹定不要在意,愛妳的壹定需要在乎,人與人之間,總會存在些什麽,妳真心別人才真心,妳舍得人家才付出,沒有坐享其成的歡愉,沒有不勞而獲的愛戀,再熱的心,壹勺勺潑涼水也會冷,再冷的心,壹點點捂也會熱,疑人不信,信人不疑,執手就不要懷疑,牽手就去付出真心,有誠信就有誠心,有誠心才有真心,壹個人的容顏代表不了壹個人的心,壹個人的財富決定不了幸福度,愛是體貼溫暖的真,愛是遷就疼惜的情,找愛人不找長得好看的,只找心地善良的,過日子不過香車美墅的,只過快樂輕松的,身體健康就是本錢,彼此互愛就有希望,身心愉悅就有動力。

想的太好不是人生目標,現實努力才很重要,世界很大,個人很小,沒有必要把壹些事情看得那麽重要,疼痛,傷心,誰都會有,生活的過程中,總有不幸,也總有傷心,有些事,妳越是在乎,痛的就越厲害,只是,我們總是事後才明白,懂生活很難,會生活更難,艱辛的生活,我們已經很苦,很累,無需要對自己責備,人生就是不會事事如意,何必要強迫自己,盡心了,無論結果如何都可以,世間的理,爭不完,爭贏了失人心,世上的利,賺不盡,差不多就行,活著,無需做作,刻意迎合,故作冷漠會讓人敬而遠之,卑躬曲膝會讓人輕視小瞧,雖然,誰都不能完全把握好火候,但做最真的自己就好,世間唯真誠不被人拒絕,唯良善不被人怨恨,心有陽光,自會生出心香壹瓣,坦坦蕩蕩,自有悠然在握,簡簡單單,自然少煩少恨,人生,何需偽裝太多,與人,不必刻意放低身段,生活,要的就是怡然自樂,有緣無緣緣隨意,壹切隨緣看心地,想愛想恨不由己,只求無愧人生行。

得失何必太計較,富貴人生心太高,把榮譽看淡點,把面子看小點,真實知足的走自己的路,腳踏實地的走著,順其自然的過著,健康平安的活著,不崇拜於誰,不討好於誰,不獻媚於誰,不自卑,不貪婪,不欺騙,不討好,不折腰,不難為自己,想不開的,就不去想,得不到的,就不去要,走累了歇壹歇,走急了緩壹緩,走窄了繞壹繞,留下不代表還愛,離開不代表不愛,得到未必是幸,失去未必是不幸,只要,以風的執念飛翔,以雨的心胸求索,像花般綻放,享受美麗,享受自然,像葉般飄零,感知平靜,感知灑脫,像樹般思索,容納天地,歷練滄桑,像草般安靜,芬芳於心,摯愛無聲,坦然如斯,就是完整的人生,再難也會揚眉吐氣,相信自己才有將來,看淡人生的起落,才知道清歡的不易,坦然面對世事,才能安穩走過,淡然接受所有,不會患得患失,生命在於進取,人生在於努力,心態在於修行,入世之心做事,事事美好,出世之心做人,人人簡單,人生努力,生活隨意,平平淡淡人生路,簡簡單單隨緣行。

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R